緑内障は最悪の場合、失明する恐れもある怖い病気です。

緑内障の体験談

トップページ

緑内障の体験談

「まさか自分が…」緑内障の体験談

緑内障は最悪の場合、失明する恐れもある怖い病気です。今回はそんな緑内障に罹ってしまった人たちの体験談をまとめてみました。


  • 自分は大丈夫だと思っていたけど…

→40代 男性

40代になったら検診を受けた方がいいと知人に言われて検診を受けました。「自分は大丈夫」と思っていたけど検診の結果で緑内障だと言われました。自覚症状はまったくなく、検診結果に愕然としました。


  • 霞のようなものが見えて…

→20代 女性

ある日霞のようなものが視界に見えることに気がついて眼科を受診しました。検査の結果、緑内障だと診断されました。霞のようなものが見えるだけでこれが緑内障だとは思いもしませんでした。


  • 不安がいっぱい…

→20代 男性

地元の病院で緑内障かもしれないと言われ、大きな病院で詳しく検査をしました。結果はやはり緑内障でした。目薬などを処方されたのですが緑内障について知識がなくとても不安です。


緑内障の患者さんの体験談はこの他にもたくさんありました。そのほとんどが、自覚症状がなく検診などで緑内障であることがわかったというケースでした。「自分は大丈夫」と思っていたのにある日突然緑内障であることを告げられる。戸惑いますよね。緑内障についての知識がなければ尚更です。緑内障の自覚症状には、

[check]視野が狭くなる

[check]見えづらくなる

などがあるのですが、日常生活に支障をきたす程ではないのでとても気付きにくいのです。気付かずに緑内障が悪化してしまったというケースもよく耳にします。もし、少しでも見え方に違和感を感じたら病院へ行きましょう。

もし病院で緑内障だと診断されたら「治るのか」「失明してしまうのか」心配なことや不安なことはたくさんあるかと思いますがあまり考え込みすぎないでください。それでは、精神を病んでしまいます。落ち着いて少しづつ治療していきましょう。




a:832 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional