緑内障って日本人に多いって本当!?

緑内障は日本人に多い

トップページ

緑内障は日本人に多い

緑内障って日本人に多いって本当!?緑内障は眼圧が高くなって発症する病気だということは知っていますよね。でも、正常な眼圧であるにも関わらず、緑内障が発症するケースがあることをあなたは知っていましたか?このページでは正常眼圧緑内障についてご紹介します。


正常眼圧緑内障って?

通常緑内障は房水の排出が上手くされず、眼圧が高まって発症します。しかし、正常眼圧緑内障はその名の通り眼圧が正常であるのに発症します。この病気は特に日本人に多くみられます。これを読んでいるあなた!「自分が緑内障になるはずがない」そうは思っていませんか?その考えは危険です。日本人であれば誰でもなる確率のある病気だということを理解して、注意するようにしましょう。


どうして正常眼圧緑内障になるの?

どうして眼圧は正常なのに緑内障を発症してしまうのか。その原因はまだはっきりとはわかっていませんが、視神経の血の巡りが悪いことや、視神経が圧力に弱いことが原因ではないかと言われています。

  • どんな症状がでるの?

正常眼圧緑内障は厄介なことにかなり悪化するまでこれといった症状がみられません。症状がないために、気付かないまま普通に生活を送ってしまうことが多いです。悪化すると視野が狭くなったり、視力が低下したり
します。正常眼圧緑内障は早期発見がとても難しい病気です。なので、定期的に検診を受けるようにすると良いでしょう。自分で気付かなくても検診で発見されれば悪化する前に治療することができますよ。




a:767 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional