緑内障を解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズです。

緑内障は気づきにくい

トップページ

緑内障を解決する改善率90%以上

緑内障改善エクササイズ

>> 緑内障改善・詳細


緑内障は気づきにくい

緑内障は、実は緑内障になっている事に気づきにくい病気なんですね。気づきにくい理由などを調べましたので、ご覧ください♪

緑内障の主な症状は、視野の欠損です。視野とは見える範囲のことで、視力は視野中心部における物を見る力のこと。視力が低下すると、比較的すぐに気づきやすいと思います。ですが、視野の欠損と視力の低下は連動しておらず視野が狭くなっていったからといって視力は低下しないのです。そのため、視野の欠損には気づきにくいようです。また、一般の健康診断では緑内障の検査はされない事がほとんど。更に、緑内障の患者の多くが眼の痛みを感じません。自覚しやすい症状が乏しいので気づきにくいのです。

両目で見えていても・・・視野が欠けてきた部分を無意識に両目の目で補い合うために見えない部分があることに気がつかない場合が多い。両目で見て大丈夫でも、片方の目で見ると『見えにくい』と感じる事がある。視力が落ちていなくても・・・簡単にいえば、視野とは見える範囲のことをいい視力は視野中心部のものを見る力のことをいう。

視野が欠けてきても視力が良いために気づきにくい事もある。昨日と変わらなくても・・・ごく小さい『見えない部分』が、非常にゆっくりと広がっていく。急に見えなくなるわけではありません。このように緑内障は気づきにくい病気なんですね。少しでも変だと感じたら、病院に行って検査することをお勧めします。




a:737 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional