緑内障を解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズです。

緑内障は40歳代から

トップページ


緑内障を解決する改善率90%以上

緑内障改善エクササイズ

>> 緑内障改善・詳細


緑内障は40歳代から、白内障は60歳代から

緑内障は、視神経が障害を受け徐々に視野が欠けていく症状で、40歳以上の約6%がかかっているといわれる程、多い病気。中高年に多いのは【慢性緑内障】で、進行が遅いため自覚症状がなく発見され難いので要注意。

白内障は、目の水晶体が白く濁ってくる病気で、年齢とともに進行し視力は大幅に低下する。高血圧・歯及び歯茎の病気・糖尿病・脳血管疾患に次いで多い病気。

緑内障・白内障以外にも高齢者が多いのが、加齢黄斑変性や網膜剥離、乾燥角結膜炎(ドライアイ)です。加齢に伴う目の病気には、紫外線が要注意!外出時にはサングラスをして目の酷使や疲労・ストレスを避けましょう。また。ビタミン類やルテイン・ゼアキサンチンなどのカロチン類を多く含む食品を摂って目に健康を守りましょう。




a:738 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional